ニキビ

【睡眠不足】治らない大人ニキビの原因 / 自分で出来る対策 / 治し方 / 治療方法 

ニキビ原因睡眠

【睡眠不足】治らない大人ニキビの原因 / 自分で出来る対策 / 治し方 / 治療方法

今回は、ニキビができる原因である”睡眠不足”について書いていきたいと思います。

ニキビの原因を完全図解した記事にもありますが、睡眠不足は男性ホルモンの過剰分泌に繋がります。

 

睡眠不足が肌に良くないというのは、誰もが知っていることだと思います。

勿論、他記事でも書いているように睡眠不足だけがニキビの原因ではありませんが、睡眠不足を防ぐということの重要性は変わりません。

次章で、睡眠不足とニキビの関係性について書いていきたいと思います。

睡眠不足とニキビの関係性

睡眠不足が肌に及ぼす影響

基本的に、ニキビができたようなダメージを受けた肌は睡眠中に回復される仕組みになっています。

なぜなら、回復のためのホルモンは睡眠時に多く生成されるためです。

そのため、睡眠リズムが乱れれば肌の回復力は必然的に低下をします。

 

さらに、睡眠不足そのものが大きなストレスとなるケースもあります。

※大元の原因であるストレスと睡眠不足がリンクすることもあるのですね。

そうすることで、自律神経系の交感神経が優位になってしまい、ストレスによって交感神経が活発になると男性ホルモンが大量分泌されます。

その結果として、皮脂分泌量が増加してニキビが発生しやすくなってしまうのです。

どんな睡眠が重要なのか

睡眠不足がニキビに大きな影響を与えることについては、前章で述べたとおりですが、実は睡眠というのは長時間とれば良いというわけではありません。

その理由は、肌の新陳代謝が活発に行われるのが、入眠から3〜4時間だからです。

この入眠後の3~4時間というのは、一般的に深い睡眠(ノンレム睡眠)と言われるものです。

 

皆さんも聞いたことがあるかと思いますが、この深い睡眠時間(脳が休んでいる時間)の際に、人は成長ホルモンを生成するのです。

このホルモンの効果としては、肌のハリや弾力を維持するのに必要な皮下組織の水分量をキープする働きがあります。

また、肌のターンオーバーを促進して古い皮膚を新しい皮膚に生まれ変わらせる力も持っています。そのため、ノンレム睡眠の時間には肌のターンオーバーも行われます。

 

よって、ニキビ予防を主眼にするなら、寝る時間を増やすことよりも入眠後に熟睡し、質の良い眠りを目指すことが非常に重要であると言えます。

睡眠の質を改善させる対策

では具体的に、実際に睡眠の質を向上するための方法について書いていきます。

ここで重要なことは、ターンオーバーがもっとも行われやすい“肌のゴールデンタイム”を理解することです。

睡眠に最適な時間を理解する

睡眠に最適な時間とは何時でしょうか?

恐らく、皆さんが良く耳にするのは「22時~2時の間」ということじゃないでしょうか?

実は、この説は最近になって覆されてきています。現実的に考えても、22時に寝るなんて割と不可能ですよね。

その代わりに一般的に言われている最適な時間というのが、眠りに入ってから3~4時間になります。

 

これは前述している通り、ノンレム睡眠という深い眠りの時間帯です。

そして実は、肌のターンオーバーは基本的に睡眠中に活発化します。

なので、入眠後の3~4時間に深い眠りに入れるようにしましょう。

特に、深い眠りにつくためを阻害してしまうスマートフォンのブルーライトなどは、入眠の1時間前は控えることをおすすめします。