ニキビ

ニキビを潰す・芯を出す方法!自分で潰しても大丈夫?

ニキビ芯潰す

【ニキビを潰す・芯を出す方法】自分で潰しても大丈夫?皮膚科での芯の出し方も!

ニキビが出来てしまうと、気になってつい潰したくなりますよね。

触らない、潰さない方が良いと聞いたことがあっても、潰した方が早く治るのでは?と思って自分でニキビの芯を取り出そうと考えてしまいます。

今回は自分でニキビを潰しても大丈夫なのか?、芯を出す(潰す)方法や注意点、皮膚科での芯の出し方についてご紹介します。

ニキビの芯とは?

ニキビの芯とは別名コメドと呼ばれており、ニキビを潰した時に出てくる白い棒のような塊(ゴマのような見た目)のことです。

コメドの正体は、毛穴の中に詰まった古い角質や皮脂です。

通常、皮脂や角質は毛穴から排出されるため、毛穴の中にたまらないようになっていますが、うまく排出されないと毛穴に詰まってしまい、ポツっとした白ニキビや黒ニキビが出来てしまいます。

 

さらに、この芯が毛穴に詰まった状態でアクネ菌などが繁殖し、炎症を起こすことで赤ニキビや黒ニキビへと悪化してしまいます。

つまり、ニキビの原因となるものがニキビの芯(コメド)なのです。

ニキビを自分で潰しても大丈夫?

では、ニキビを自分で潰しても大丈夫なのでしょうか?

その答えとしては、自分で潰して良いニキビとダメなニキビがあります。

種類別ニキビ

自分で潰しても良いニキビは「白ニキビ」や「黒ニキビ」と呼ばれる初期段階のニキビです。

自分で潰すのがダメなニキビは「赤ニキビ」または「紫ニキビ」や「黄ニキビ」と呼ばれる炎症を起こしている重症ニキビです。

自分で潰してもいいニキビ(白ニキビ・黒ニキビ)

白ニキビ、黒ニキビ

自分で潰しても良いニキビは「白ニキビ」や「黒ニキビ」と呼ばれる初期段階のニキビで、画像のような状態になっているものです。

白ニキビは皮脂や角栓が毛穴に詰まった状態で、触っても痛くありません。

また黒ニキビは白ニキビの次の段階にくるもので、詰まった皮脂が空気に触れて酸化した状態です。

 

この白ニキビと黒ニキビは、ニキビの芯が表面に現れている=肌の深い真皮層に達していません。

つまり、炎症を起こしていないため自分で潰してもニキビ跡になる可能性が低いです。

そのため、自分で潰したり芯を取り出しても問題ない場合が多く、ニキビを早くに治すことが出来ます。

自分で潰すのはダメなニキビ(赤ニキビ・黄ニキビ)

赤ニキビ、黄ニキビ

一方で、自分で潰すのはダメなニキビは「赤ニキビ」または「紫ニキビ」や「黄ニキビ」と呼ばれる炎症を起こしている重症ニキビです。

赤ニキビとは、皮脂が詰まった毛穴にアクネ菌というニキビの原因となる菌が繁殖している状態です。

黄ニキビとは、赤ニキビがさらに悪化して毛穴の中に膿が溜まってしまっている状態です。

この赤ニキビと黄ニキビは、ニキビの芯が肌の深い層に入り込んでしまっており、自分で取り出すのが難しいです。

 

また、炎症を起こしているため自分で潰そうとしてもかなり痛みがあります。

自分で潰すことの一番の問題は、重症ニキビを自分で潰してしまうと、炎症を刺激してしまうため色素沈着やクレーターのようなニキビ跡が残ってしまう可能性が非常に高いことです。

そのため、赤ニキビと黄ニキビを自分で潰そうとするのは絶対にやめましょう。

後ほど紹介しますが、皮膚科に行けば1〜2日で治す方法があります。

自分で芯を出す・潰す方法とは

白ニキビや黒ニキビは自分で潰してもOKですが、正しいやり方で芯を出す必要があります。

自分の爪や指で押し出すのは失敗する確率が高いので、この後紹介する道具や方法で処置するのがおすすめです。

芯の出し方・潰す方法

ニキビの芯を取り出すためには準備が必要です。

まず、下記の道具を揃えましょう。

  • 消毒液(ドラッグストアなどにある傷口用)
  • コメドプレッシャー(芯を出す専用道具)
  • コットンかティッシュ
  • 針(コメドプレッシャーに付属しているかも)

 

コメドプレッシャーとは、画像のようなニキビの芯を取り出すための専用道具です。

コメドプレッシャー

画像出所: Amazon

次に、ニキビの芯を出す方法です。

ニキビの芯を出すためにはまず毛穴をできるだけ開かせることで、取り出しやすくする必要があります。

  1. 入浴、または蒸しタオルを顔に当てて毛穴を開かせる
  2. 毛穴が開いている間に、消毒液をニキビに軽く当てる
  3. コメドプレッシャーや針も消毒液で消毒する
  4. コメドプレッシャーで優しくニキビの芯を取り出す
    なかなか芯がでない場合は、コメドプレッシャーで押す角度を少し変えてみる。
    出ないからといって強く押すとニキビが悪化する可能性があるので注意する。
  5. コメドプレッシャーで出ない場合は、細い針で軽くつつき、再びコメドプレッシャーで押してみる
  6. 芯が出てきたら、ティッシュなどで取り除き、患部をコットンなどで消毒する
  7. 化粧水で保湿ケアをする
  8. 取り出した場所から透明の液(血液を止めるための液)が出てくるが、触らずに固まるまで待つ。
    冷たい水などで洗うと、血行が悪くなり、ニキビに悪影響なのでやめましょう。

このステップのように、なるべくニキビを刺激しないように優しく芯を取り出すことが大切です。

自分でニキビを潰す際の注意点

自分でニキビを潰す際の注意点をまとめます。

  • 芯を取り出す前後で必ず消毒する
    →毛穴から菌が入ると、ニキビが悪化します
  • 専用の道具を使う
    →指よりも菌が入りづらく、確実に取り出します
  • どうしても芯が出ない場合は、皮膚科に行く
    →2〜3回試して出ないなら、諦めましょう。
    無理やり続けると、炎症を起こす可能性が高いです。

ニキビを潰すことで早く治すこともできますが、やり方次第では悪化する恐れもあります。

基本的には「優しく取り出す」「菌を増やさない」ということを意識しましょう。

皮膚科で芯を出してもらうのがニキビ跡には一番安全

自分でニキビの芯を出す、潰す方法をご紹介しましたが一番安全で確実なのは皮膚科やクリニックで行ってもらうことです。

以下が皮膚科で芯を出してもらうメリットです。

  1. 確実に芯を取り出すことができる
  2. ニキビの状態によって適切な処置をしてもらえる
  3. 処置した後のケアをしてもらえる
  4. ニキビが悪化しないよう薬をもらえる

 

皮膚科やクリニックで芯を取り出してもらうと、料金が数千円ほどかかってしまいます。

少し高いため、我慢して自分で潰そう!と考えてしまいますが、ニキビ跡になってしまうとそれこそ自分で直したり自然治癒が難しくなります。

ニキビ跡の治療費も、数十万〜かかってしまいます。

そのため、ニキビを潰す際にはできるだけ皮膚科やクリニックに行き、適切な処置をしてもらうことがおすすめです。

皮膚科で芯を出す方法

面皰圧出

皮膚科でニキビの芯を出してもらう方法をご紹介します。

皮膚科で芯を出すには「面皰圧出」という治療が行われることが多いです。

これはコメドプレッシャーのような器具でニキビを一つずつ押し出して行く方法です。

 

「白ニキビ」「黒ニキビ」を中心に、場合によっては「赤ニキビ」でもこの治療で治すことができるようです。

基本的には自分で潰す際の方法に近いですが、専門の医師が行うことで確実に芯を取り出し、悪化することを防ぐことができます。

また自分で潰すよりも再発しづらかったりニキビ跡になる確率が低い安全な方法です。

皮膚科で炎症ニキビ(赤ニキビ)を即治す方法

ニキビ注射

赤ニキビや黄ニキビは自分で潰せないというお話をしましたが、皮膚科やクリニックでは即治す方法があります。

それは「ニキビ注射」という方法です。

ニキビ注射とは主に赤ニキビや紫ニキビといった大きな重症ニキビ向けの治療法です。

大きくてシコリがあるようなニキビですね。

 

このニキビクリア注射というのはそういった重症ニキビに直接抗菌液を入れ、代わりに膿を出すことによって即効でニキビを治すことができる治療法です。

 

この治療方法によって、痛いニキビをニキビ跡にせず1〜2日で治すことができるのです。

なので、重症ニキビができてしまった場合は自分で潰すか悩まずに皮膚科で治療してもらうのが圧倒的におすすめです。

まとめ

今回はニキビの芯を出す・潰す方法についてご紹介しました。

基本的には、ニキビ跡になったりニキビが悪化してしまう可能性もあるため、なるべく皮膚科やクリニックに行くのが良いでしょう。

ただ、正しいやり方であれば自分で処置することもできるため、自分のニキビの状態を確かめてニキビがしっかり治るように対処していきましょう。